介護事業の開業支援

将来高齢化が進み介護に対する依存度が高くなることが予想されている日本において、介護業界は成長産業と言われています。しかし、今後は介護業界も介護事業者の供給過剰により過当競争が進み、市場に受け入れられる事業者だけが存続し、市場に受け入れられない事業者は倒産に追い込まれることになります。

そこで、お客様が介護事業を立上げようとする場合、開業後の事業運営ばかりを検討するのではなく、まず介護事業の運営に関わる法規や手続が多数あることを確認し、これらの法律の遵守も心がけなければなりません。これは、介護事業が他の一般事業者と異なり、自治体の許認可事業であることから、介護事業者の指定を受けるための要件(指定基準)の充足が必要であり、これらを含めたの法律や手続の遵守を怠ったことによる多大な損害を被るのを防ぐためです。
法律や手続の遵守した上で、事業経営を行うことにより、安定した事業基盤を構築することが可能となります。

また、介護事業者であっても基本的には他の一般事業者と同様で、会社法、税法等の法律が適用され、一般企業と同様の開業手続が必要となります。

介護事業の開業

介護事業は許認可事業ですので、各都道府県の介護事業者の指定が必要になりますが、都道府県への指定申請のための指定基準は介護サービスの種類ごとに規定されています。

介護事業の開業へ

起業形態

介護事業者の起業形態には、介護保険事業の指定を受けるために法人形態が基本となるため、その法人形態を選択する必要があります。

起業形態へ

開業の手続

設備・物件の確保、事業資金の調達、行政機関の申請などの開業手続は、複雑でそれぞれが関連していますが、最も重要なことはこれらの開業手続のスケジューリングです。

開業の手続へ

開業後の業務内容

開業後においても、経理処理・税務申告の問題、従業員管理の問題、助成金申請の問題、利用者確保の問題、資金繰りの問題等多数問題がありますが、これらの問題をタイムリーに解決していく必要があります。

開業後の業務内容

介護事業の会計、税務

介護事業者の皆様に対して、経理、決算、税務申告業務を行う場合、介護業界特有の事象が散見され、他の一般事業者とは異なり単純にこれらの業務を行うことはできません。

介護事業の会計、税務

業務内容一覧

  • 介護事業の開業支援
  • 医科/歯科診療所の開業支援
  • 国際税務 コンサルティング
  • 節税対策 リスクマネジメント
  • 経理 決算 確定申告
  • 組織再編 コンサルティング
  • 起業支援 会社設立
  • 新会計基準への対応
  • デューデリジェンス

お気軽にお問い合わせ下さい。お電話でのお問い合わせは06-6569-9555(受付時間)平日9:30〜17:00 メールでのお問い合わせはこちらから。

モバイルサイトはこちら:QRコードを読み取ってアクセス

クライアント様の声はこちら

ブログページはこちら

フェイスブックサイトはこちら

このページの先頭へ