起業形態

介護事業者の起業形態には、介護保険事業の指定を受けるために法人形態が基本となります。
社会福祉法人、医療法人、NPO法人等の設立が考えられますが、小規模事業者であれば、株式会社、合同会社の形態を採用するのが一般的です。

また、既に法人を持っている事業者様が新たに介護事業を始める場合や別に新たな種類の介護事業を提供する場合は、新たに開始する介護事業を定款目的に追加する必要があります。

ただし、病院等により行われる居宅療養管理指導または病院、診療所により行われる訪問看護、訪問リハビリテーション、通所リハビリテーション、短期入所療養介護の指定の申請にあたっては、法人形態による起業でなくてもよいことになっている。

起業支援 会社設立へ

業務内容一覧

  • 介護事業の開業支援
  • 医科/歯科診療所の開業支援
  • 国際税務 コンサルティング
  • 節税対策 リスクマネジメント
  • 経理 決算 確定申告
  • 組織再編 コンサルティング
  • 起業支援 会社設立
  • 新会計基準への対応
  • デューデリジェンス

お気軽にお問い合わせ下さい。お電話でのお問い合わせは06-6569-9555(受付時間)平日9:30〜17:00 メールでのお問い合わせはこちらから。

モバイルサイトはこちら:QRコードを読み取ってアクセス

クライアント様の声はこちら

ブログページはこちら

フェイスブックサイトはこちら

このページの先頭へ