月次支援金の制度概要

2021年4月以降に実施される緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う飲食店の休業・時短営業や外出自粛等の影響により、売上が50%以上減少した中小法人、個人事業者等の皆様に月次支援金が給付されます。
月次支援金の給付に当たっては、一時支援金の仕組みを用いることで、事前確認や提出資料の簡略を図り、申請者の利便せいを高めています。
事務局は一時支援金事務局が月次支援金事務局も兼ねることとなっています。

月次支援金の給付対象者

①2021年4月以降に実施された緊急事態措置又はまん延防止措置に伴う飲食店の休業・時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により影響を受け、②2021年4月以降の月間売上が2019年又は2020年の同月比で50%以上減少している、中小法人等又は個人事業者等が給付対象者となります。

月次支援金の給付金額

中小法人等

給付金額は、月20万円を超えない範囲で、前年又は前々年の基準月の売上から2021年の対象月(注)の売上を差し引いた金額とします。
(注)対象月とは、緊急事態措置又はまん延防止等重点措置が実施された月のうち、同措置の影響を受けて、2019年又は2020の同月比で売上が50%以上減少した2021年の月のことを意味します。
また、同措置が複数月に及ぶ場合や新たに同措置が実施されて対象月が増えた場合などは、それぞれの月において必要な要件を満たせば、申請を行うことができます(ただし、1つの対象月につき、申請・受給は1回となります。)。

給付金額(MAX:月20万円)=2019年又は2020年の基準月の売上-2021年の対象月の売上

個人事業者等

給付金額は、月10万円を超えない範囲で、前年又は前々年の基準月の売上から2021年の対象月(注)の売上を差し引いた金額とします。

給付金額(MAX:月10万円)=2019年又は2020年の基準月の売上-2021年の対象月の売上

月次支援金の申請

申請方法

①申請IDを発番し、②事業確認機関(登録された税理士、公認会計士等)において、事前の確認を受けて、事業の実施や一時支援金の給付対象等の正しい理解が確認した上で、③WEBページのマイページから一時支援金の申請します。
一時支援金の受給者は、事前確認の省略や提出書類の一部省略が可能となります。

事前確認及び提出書類の簡略化

省略項目一時支援金受給者
月次支援金1回目
申請
一時支援金受給者
月次支援金2回目
以降申請
一時支援金未受給者
月次支援金1回目
申請
一時支援金未受給者
月次支援金2回目
以降申請
事前確認事前確認要
提出書類
2019年
2020年
確定申告書
提出要
2021年対象月売上台帳提出要提出要提出要提出要
通帳提出要
宣誓・同意書提出要提出要
(中小法人等)
履歴事項全部証明書
(個人事業者等)
本人確認書類
提出要

申請期間

6月以降に月次支援金の給付規定及び申請要領を公表し、事前確認及び申請を開始することとなっています。

大阪の税理士・会計士なら平野公認会計士・税理士事務所

大阪で税理士、公認会計士をお探しの方は、平野公認会計士・税理士事務所にご連絡ください。

記帳、決算、確定申告の基本的業務以外にも、介護経営・歯科経営コンサルティング、国際税務コンサルティング、企業支援、M&Aコンサルティング、組織再編コンサルティングにも強いのは、平野公認会計士・税理士事務所です。

平野公認会計士・税理士事務所
大阪府大阪市西成区玉出中2-13-32-501

平野公認会計士事務所
大阪市住之江区粉浜1-27-3 リー・アートビル201
TEL : 06-6569-9555
FAX : 06-6569-9445
公認会計士登録番号 第20835号
税理士会登録番号 第114767号